日々癒しを与えてくれて・・・る?今日のルナさんですw
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月14日 (土) | Edit |
はい。
タイトルの通りでございます。

水曜日にトイレに何度も行く姿を見てちょっと気になってはいました。
木曜日は問題もなくphも騒ぐ数値ではない。
金曜日の夜、突然やってきました。

晩ご飯を食べた後くらいからやたらとトイレに行く。
間隔が尋常じゃない。

5秒後とか・・。
何度も何度もトイレに駆け込む。
でも・・。

出てない。

出ないのにひっきりなしにトイレ。

マズイかも。

落ち着いてはまた立て続けにトイレを1時くらいまで。

そして朝4時から30分間また繰り返し。

前回の検査から丁度2ヶ月になるので週明けに検査に
行こうと考えていた矢先でした。

朝一で病院へ。

結果・・。

予想通り。

今までで一番酷い状態の膀胱炎。

何度も顕微鏡を見せてもらっているのでモニターを
見た瞬間わかりました。

画面びっしりに白血球。
つまり酷く炎症を起こしていて所々に細菌とストロバイト。
目にははっきり見えませんが血尿もありでした。

すでにもう少し早く検査に来ていれば・・の”たられば論”が
頭の中を駆け巡り泣きそう。

でも結果を嘆いても仕方ありません。

すぐに先生と治療方針を決めていきます。

まず今回は過去一番の良くない状態だから治るまでの期間が
かかるであろうということ。
過去の経過としては治療が一ヶ月くらい、その後定期検査だったので
今回の治療は倍くらいかなと考えています。

ストロバイトだけであれば水分を取らせて外に出してしまえば
いいのでルナの場合比較的スムーズに行くのですが
今回は酷い炎症。
抗生剤と消炎剤を使用します。
これはいつも膀胱炎になった時と同じ治療なのですが。

今回は出ないのにトイレの回数が半端じゃない。
まずは今のツライ症状を治す為に。

ステロイドと脱水症状を起こさないために水分を皮下注射。
抗生剤と消炎剤の皮下注射も検討しましたが経口でも同じと
いうコトだったので注射はやめました。
(薬アレルギー持ちなので極力負担をかけたくない)

気になったのはステロイド。
ステロイドというとどうしても使いたくないという気持ちが
強くなります。

先生に聞く聞く・・とにかく聞きまくる。

長期での使用となると負担がかかってくるものであるけれど
症状が治まれば今回一度きり。

そもそもステロイド、ステロイドと言うけれどどんなの?という所から、
ステロイドでの副作用の心配もしっかり聞いてから処置していただきました。
(つまり今回使用のステロイドはそれほど心配しなくても大丈夫ということ)

そして問題はいつもどおり原因は何か?です。

腎臓からきてるものなのか膀胱だけのものなのか。
前回、一通りの血液検査をしてもらったのが一年前だったので
一緒に検査もしてもらいました。

血液検査の結果は異常なし。
腎機能も全く問題なし。

つまり膀胱だけの問題ということで腎臓に関しては一安心。

一応、血液検査と尿検査は外部機関で精密検査をしてもらうことに
しました。

そんなこんなで帰宅してからのルナさん。

駆け込みトイレおさまりました(^-^)v

水分を沢山取らせているのでその分、トイレの回数は多いですが
全く問題ない範囲。
(トイレシーツはものすごい勢いで消費していますが・・)

ph値は高めのまま。

症状が落ち着かなければ明日も病院の予定でしたが
落ち着いてくれているので数日間様子見になりそうです。


0900214-1.jpg


違う子が呼ばれでもふんふん鳴くのでやっぱりみなさんに笑われます^^;



コメント
この記事へのコメント
うん…
ステロイドって、存在そのものが嫌わがちだけど、使わないで済むなら、それはどんな薬も同じ
使い方を間違わなければ、とても有効なお薬だと私は思うよ
まぁ、私の場合…ステロイドで命を繋がせて頂いてるからね~。
服用方法は間違ってないけど、さすがに長期服用なので、あらゆる副作用でてるけど、命があるって、私がいま受けてる副作用を全部足しても…全然ありがたい!

話しはズレたけど、怖がらず、相手(薬)をしっかり知る…そのさくっちの姿勢は、いつも関心します

ルナちゃん、早く良くなるといいね(祈)
2009/02/15(日) 16:09:06 | URL | seca #1Axz8fKA[ 編集]
No title
>secaちゃん

ステロイドってコトバが先走りして
しっかり情報を持っていないのに嫌だ嫌だでは
ダメだよねって思ったんだ。
secaちゃんの言うとおりステロイドに限らず
薬というものはプラスもマイナスもあるからね。

治療を受ける側としても先生にまかせっきりではなくて
自分でもその病気に対して知識を得ないといけないと思って・・
いつも先生に喰いついてるワケ^^;

喰いつくからこそ色々なことを教えてくれる部分もあり。
これは大切だなって。
忙しくてもしっかり答えてくれる先生にありがたいなといつも
思ってるんだ。

>ルナちゃん、早く良くなるといいね(祈)

ありがとう^-^
2009/02/15(日) 16:48:12 | URL | さくっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。