FC2ブログ
日々癒しを与えてくれて・・・る?今日のルナさんですw
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月15日 (日) | Edit |
元気は・・やっぱりいつもの7割くらいでしょうか。
ですが食欲もあるし吠える時は吠えるし。

頻尿は落ち着いています。
水分を沢山取っているのでトイレシーツの交換がとにかく多く。
朝3時半くらいからルナのトイレタイムに合わせて起きてシーツ交換。

はい・・はっきり言って眠いです。
細切れ睡眠の為、夢を5本以上は見てます。
バスに乗り遅れたり~、靴下に穴が開いていたり~などなど
どれもイマイチな夢ばかり(*μ_ー)

でもトイレ効果ありでph値も普段変らない数値^^

0900215-1.jpg

ずっと使っているph試験紙・・。
実は使用期限があったということを知ったのは最近。
・・ということで今回は2つで二重チェック。

筒型をずっと使っていたのですがこれが製造中止になってしまい・・。
新しいタイプを去年購入していました。
とてつもなく値上がりするという情報を聞き値上がり前に購入。
(ホントに値上げ幅・・半端じゃなかった・・)

新しいタイプは測定範囲が非常に広い。
今回、初めて使ってみた。

う~ん、良い感じ♪
筒型の倍の幅で測定できるししっかり数値が出てくれる。

早く治そうね。

・・ってことでルナさんはお昼寝中。

さくっちは・・眠いのを通り越して変に眠れない^^;

寝~い・・眠~い・・と独り言をつぶやきながらコーヒーちう。




スポンサーサイト

2009年02月14日 (土) | Edit |
はい。
タイトルの通りでございます。

水曜日にトイレに何度も行く姿を見てちょっと気になってはいました。
木曜日は問題もなくphも騒ぐ数値ではない。
金曜日の夜、突然やってきました。

晩ご飯を食べた後くらいからやたらとトイレに行く。
間隔が尋常じゃない。

5秒後とか・・。
何度も何度もトイレに駆け込む。
でも・・。

出てない。

出ないのにひっきりなしにトイレ。

マズイかも。

落ち着いてはまた立て続けにトイレを1時くらいまで。

そして朝4時から30分間また繰り返し。

前回の検査から丁度2ヶ月になるので週明けに検査に
行こうと考えていた矢先でした。

朝一で病院へ。

結果・・。

予想通り。

今までで一番酷い状態の膀胱炎。

何度も顕微鏡を見せてもらっているのでモニターを
見た瞬間わかりました。

画面びっしりに白血球。
つまり酷く炎症を起こしていて所々に細菌とストロバイト。
目にははっきり見えませんが血尿もありでした。

すでにもう少し早く検査に来ていれば・・の”たられば論”が
頭の中を駆け巡り泣きそう。

でも結果を嘆いても仕方ありません。

すぐに先生と治療方針を決めていきます。

まず今回は過去一番の良くない状態だから治るまでの期間が
かかるであろうということ。
過去の経過としては治療が一ヶ月くらい、その後定期検査だったので
今回の治療は倍くらいかなと考えています。

ストロバイトだけであれば水分を取らせて外に出してしまえば
いいのでルナの場合比較的スムーズに行くのですが
今回は酷い炎症。
抗生剤と消炎剤を使用します。
これはいつも膀胱炎になった時と同じ治療なのですが。

今回は出ないのにトイレの回数が半端じゃない。
まずは今のツライ症状を治す為に。

ステロイドと脱水症状を起こさないために水分を皮下注射。
抗生剤と消炎剤の皮下注射も検討しましたが経口でも同じと
いうコトだったので注射はやめました。
(薬アレルギー持ちなので極力負担をかけたくない)

気になったのはステロイド。
ステロイドというとどうしても使いたくないという気持ちが
強くなります。

先生に聞く聞く・・とにかく聞きまくる。

長期での使用となると負担がかかってくるものであるけれど
症状が治まれば今回一度きり。

そもそもステロイド、ステロイドと言うけれどどんなの?という所から、
ステロイドでの副作用の心配もしっかり聞いてから処置していただきました。
(つまり今回使用のステロイドはそれほど心配しなくても大丈夫ということ)

そして問題はいつもどおり原因は何か?です。

腎臓からきてるものなのか膀胱だけのものなのか。
前回、一通りの血液検査をしてもらったのが一年前だったので
一緒に検査もしてもらいました。

血液検査の結果は異常なし。
腎機能も全く問題なし。

つまり膀胱だけの問題ということで腎臓に関しては一安心。

一応、血液検査と尿検査は外部機関で精密検査をしてもらうことに
しました。

そんなこんなで帰宅してからのルナさん。

駆け込みトイレおさまりました(^-^)v

水分を沢山取らせているのでその分、トイレの回数は多いですが
全く問題ない範囲。
(トイレシーツはものすごい勢いで消費していますが・・)

ph値は高めのまま。

症状が落ち着かなければ明日も病院の予定でしたが
落ち着いてくれているので数日間様子見になりそうです。


0900214-1.jpg


違う子が呼ばれでもふんふん鳴くのでやっぱりみなさんに笑われます^^;



2008年04月27日 (日) | Edit |
外部機関に出してもらった結果。

腎臓の機能は問題なし^-^

先生の話だとCreは検査したときに偶然少しだけオーバーしたものでしょうと。
人間でもその時の体調なんかで健康だけど血液検査でチェックが入ったりするのと
同じかな~なんて思いました。

とにかく数値が上がると腎不全などを引き起こしている可能性が疑われ症状が出てきたときには腎臓の機能が相当悪くなっているそうです。
腎臓は一度悪くなると二度と良くなることはないと言われており症状も出にくいのでおかしいと思った時は早期にしっかり調べた方が良いというコトがわかりました。

今回は腎臓の働きを検査する過程で偶然ストロバイトがみつかりました。
もしCreの数値が引っかからなければ・・先生が外部機関に出してみましょうと提案してくれなければ・・悪化して血尿を起こしていたかもしれません。
幸いルナは自覚症状がなかったようで早期治療が出来て本当によかった^-^

そして・・たぶん原因として考えられるフード。
これはフードに問題がということでは全くないですので誤解のないように。

ルナの体とフードの相性が悪かったと思われます。

細かい事まではわかりませんが同じフードを食べているわんちゃんは逆に腎臓の調子が良くなったという話も聞いているし、先生との話でもやはりフードとの相性というような話にもなりました。


あとは期間を少しずつあけながら、いつも通りの定期検査に戻っていきます。

1月の血液検査から気づけば3ヶ月。
心配だったし、どうしてかわからなくて凹みまくったり、落ち込んでもいられないって思ったり、病気にちょいと詳しい知人にアドバイスをもらったりととにかく色々だったけど・・。

病気の事や食事、生活の事・・これからルナが歳を重ねていくということなんかをしっかり?でもないけど~勉強できてよかったなと改めて思った3ヶ月でした。

ルナは・・・あまり変化なく生活してたんだけど~^^;
昼寝から起きてぼけぼけちうw

080427-1.jpg




2008年04月27日 (日) | Edit |
そんなこんなで一週間に一度、尿検査に通う。

ルナは病院が嫌いなのでさくっちだけが朝一で採ったブツを持って
ちゃりんこで走る。


<<ストラバイト発見から一週間後の結果>>

・数え切れないくらい大量に出てたストロバイトが10個と数える事が出来るようになる(顕微鏡の見える部分で)

・phは6.0で落ち着いている(先週は7.5)

・若干赤血球が確認される

結果良好なので抗生物質はそのまま、消炎剤が半分になる。
それとサプリメント。



<<二週間後の結果>>

・ストロバイトなし

・ph5.0

・赤血球なし

・白血球が少し出てる(炎症を起こしてる?)

薬の内容には変更なし。


<<三週間後の結果>>

・ストロバイトなし

・ph6.0

・赤血球なし

・白血球なし

投薬終了^▽^
ph下げるサプリのみ。


<<四週間後の結果>>

・ストロバイトなし

・ph6.0

・赤血球なし

・白血球なし

サプリの量が半分になる。


* やっと・・腎機能の検査を外部検査機関に出してもらう


<<五週間後の結果>>

・ストロバイトなし

・ph6.2くらいだったような・・

・赤血球なし

・白血球なし

・その他チェックする部分全て問題なし

サプリも終了♪


そして・・。


つづく

2008年04月27日 (日) | Edit |
なぜ膀胱炎になるのか?
膀胱が細菌感染したりストラバイトなどの石や腫瘍なんかで
炎症を起こしたりするようで・・。

ただ今回は細菌が検出されなかった。
原因がイマイチつかめない。

いずれにしてもまず、膀胱の中にあるストラバイトを外に出す事。
これが進行してしまうと血尿を起こすのでヤバイ。
ルナは血尿はないものの顕微鏡のレベルで健康な場合出てこない
赤血球が検出。
ストラバイトはphが高くアルカリ性の時できる石で確かにphも高い。

うちでやった事。

(※あくまでうちのやり方なので特に②と③の食の部分に関しては治療をしている
わんちゃんは獣医さんとしっかり話し合ってください。
同じ事をして調子が悪くなったと言われても責任は持てません。)


① 投薬
② 水分を多く取らせる
③ 食事を様子を見ながら変えてみる
④ ph用紙で簡易チェック
⑤ 治療経過を書き留める

これだけかな~。

① 投薬

病院で処方された抗生物質と消炎剤、phを下げるサプリメントを
食事にまぜる。


② 水分

水分は水だけでは飲めと言っても飲むわけないので^^;
おやつに利尿作用のあるキュウリや大根、セロリなどを積極的に
食べさせる。
(ルナ・・大好きなんですよ・・キュウリ、大根は特に)


③食事

処方食などに切り替える方法もありますが考えられる原因が
切り替えたフードかもという部分があったので切り替える前の食事を
水分量を多くしてあげるようにする。


④phチェック
ph試験紙(うちはアドバンテック社のBTBを使用、BCPも試しましたがイマイチでした)
を使って朝一とあとは適当な時間に1日に2~3回チェック。


⑤治療経過記入

ノートに朝、晩の食事内容とph数値、あとは気づいた事をメモメモ


あとは~『早く治~れ^^』って腎臓かな?膀胱炎かな?そのあたりに良いらしい
ツボマッサージなんか気の向いた時に^^;

とにかくトイレシーツの消費量は普段よりはるかに多くなりました。

つづく


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。